fedoraxのブログ

人工知能(AI)、ブロックチェーン、プログラミングネタ、ITニュースネタなどについて書いています。

Blockchainについて語ってみる

どうも、fedoraxです。

突然ですが、Blockchainについて語りたいと思います。

Blockchainとは

「Blockchain (ブロックチェーン)」と聞いて、先ずはじめに連想されるのが、「Bitcoinビットコイン)」ですよね。 「Bitcoin (ビットコイン)」と言えば、「仮想通貨」ではないでしょうか?

確かに、「Blockchain」は「Bitcoin」から生まれた技術ですが、一旦、言葉を整理したいと思います。

Bitcoin

Bitcoinの公式ページには以下のように説明されています。

Bitcoin mining is the processing of transactions on the Bitcoin network and securing them into the blockchain.
(What is Bitcoin Mining and How Does It Work)

つまり、BitcoinはBlockchainのセキュアなネットワークを活用して、トランザクション(取引)を行うことなのです。

Blockchain

BitcoinWikiには、Blockchainについて以下のように説明されています。

A block chain is a transaction database shared by all nodes participating in a system based on the Bitcoin protocol.
(Block chain)

つまり、BitcoinのBlockchainは、Bitcoinプロトコルを使って、Bitcoinネットワークに参加している端末間でシェアされるトランザクションのデータベースのことなのです。
もっと簡単に言うと、Blockchainは「トランザクション(取引)」の「分散台帳」のシステムとも言えますね。

さらに、Blockchainの語源は、以下のように説明されています。

トランザクション(取引)が成立するたびに、トランザクションの記録を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したもの

なるほど、だから「Block」:(取引の記録) -「Chain」: (鎖のように繋げて保存すること)というのですね。

Blockchainとセキュアネットワーク

ここで、ひとつの疑問が残ります。
「なぜ、Blockchainはセキュアなネットワークなの?」  

その答えは、Blockの構造とChainとして保存する仕組みにありました。
Blockの中には、トランザクションの結果として毎回、トランザクションハッシュ値が記録されています。 さらに、チェーンとして保存するために、ブロックの記録の中には、前の記録のハッシュ値も保持されています。 そして、ブロックはデータベースに格納され、ネットワークに接続された端末(ノード)上に分散して管理されています。

よって、従来の一元集中管理では、ある取引のひとつの記録を改ざんすることで、改ざんが成功していましたが、 分散管理されたネットワークでは、たとえ1台のノードで改ざんされたとしても、ネットワーク全体の改ざんが成功したとは言えませんよね。

だから、Blockchainはセキュアなネットワークだったんですね。